塗装でお悩み解決

​外壁の塗り替えが必要な6つのサイン

​★1 チョーキング

​チョーキングとは、塗料の耐用年数が過ぎてしまって塗料が劣化している状態です。

​外壁を手で触ってみてください!

​★★2 汚れ

​塗料には、外壁を汚れから守る役割もあり、塗料本来の機能が失われている状態です。

​目視で確認してください!

​★★★3 カビ・苔

​塗料の防水機能が低下して、雨水や湿気でカビ・コケが発生しやすくなります。

​防水機能が低下して雨漏りの原因にもなります!

​★★★★4 鉄部・トタンのサビ

​鉄部にサビが目立ってきた場合は、できるだけ早めの塗装をおすすめします。

​金属にとってサビは非常に危険なものです。そのままほかっておくと中まで腐ってしまう可能性があります。塗り替えることによって、美観もこの通り!

​★★★★★5 塗膜の剥がれ

塗膜の密着不良や、硬化不良による状態です。

​間違った塗料や、撹拌不足による工事の結果です。業者選びは慎重に!

​★★★★★★6 ヒビ割れ

​外壁部分や、シーリング部分にヒビ割れが目立ってきた場合です。

​間違った塗料や、撹拌不足による工事の結果です。業者選びは慎重に!